ロコモ

みなさんこんにちわ☆
なかなか天気もよくならず、寒い日が続きます。

さて、気になるコラムを発見したので、ご紹介したいと思います!

☆20~70歳代のほぼ半数が“ロコモ予備群”
 「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」という言葉があります。

骨、関節、筋肉、腱(けん)、靭帯(じんたい)、神経など運動にかかわる器官や組織を総称して運動器といいますが、それらが衰えて立ったり歩いたりすることが難しくなり、要介護や寝たきりになったり、そうなる危険の高い状態のことをいいます。

 50歳を過ぎると運動器の不調を訴える人が急増するといわれます。そういわれてみると、「腰が痛い」とか「膝が痛い」と訴える人が周りに結構いるかもしれません。

20~70歳代の男女約600人を対象にインターネットを使って意識調査を行ったところ、ロコモになる可能性がある“ロコモ予備群”が全体の半数近くに当たる45.8%もいることがわかったそうです!

ロコモ予備群とは、次の7つのチェック項目のうち、1つでも該当した人です。

●ロコチェック項目

1つでもあてはまれば要注意!皆さんもチェックしてみて♪

(1)家の中でつまずいたり滑ったりする
(2)階段を上るのに手すりが必要である
(3)15分くらい続けて歩けない
(4)横断歩道を青信号で渡りきれない
(5)片脚立ちで靴下がはけない
(6)2kg(1リットルの紙パックの飲料2本)程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
(7)家の中のやや重い仕事(掃除機をかける、布団の上げ下ろしなど)が困難である

チェック項目のうち、該当する割合が高いのは、

・家の中でつまずいたり滑ったりする(27.1%)
・階段を上るのに手すりが必要である(21.8%)
・片脚立ちで靴下がはけない(21.3%)

の順でした。

ロコモになる主な原因は3つ指摘されています。

「バランス能力の低下」
「筋力の低下」
「骨や関節の病気」(骨粗しょう症、変形性膝関節症、脊柱管狭窄症など)

です。日本人の平均寿命は伸びているのに、運動器の寿命が追いついていないためにロコモが増えているとみられているそうです。

このことは、何の対策も講じなければ高齢になるほどロコモになり、やがて寝たきりになる可能性があるということでもあります。

ロコモの予防や改善のためのトレーニングも紹介していました。

●主なロコモ・トレーニング

・開眼片脚立ち

転倒しないように必ずつかまるものがある場所で、片脚を少し持ち上げる(左右1分間ずつ、1日3回)。支えが必要な方は、片手または両手で何かにつかまって行う。

・スクワット

両足を肩幅に開いて立ち、膝をゆっくり曲げてお尻を途中まで下ろし、もとに戻る。これを深呼吸のペースでゆっくり行う(安全のためいすやソファーの前で行い、5~6回ずつ、1日3回)。これが無理な場合は、いすに腰かけた姿勢から、机などに両手をついて腰を浮かす動作でもよい

このほかにも、ストレッチやラジオ体操、ウオーキングなど、無理なくできる運動を習慣づけることが大切です。

日ごろからの適度な運動が健康への一番の近道なんですね(´ω`)
わたしも温かくなったらなにか始めようかな♪

c0222540_11493546.jpg


巷で人気の「レッグマジック」
ほしいなぁ・・・。

すたっふ いけだ
[PR]

by earth-g | 2011-01-20 11:50 | Comments(0)

<< ハンドクリーム ぎっくり背中。 >>