人気ブログランキング |

アロマセラピーという言葉について

みなさまこんにちは!!

アロマセラピーという言葉の由来を説明しますね。

アロマセラピーという言葉が生まれたのは1920年代です。
フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセが研究中に火傷を負い、とっさに近くにあったラベンダーの精油に手をつけました。すると悪化するどころか跡形も残らずびっくりする速さで治っていきました。
そこでガットフォセは精油について研究をはじめ、「アロマセラピー(芳香療法)」という言葉が生まれたのです。

みなさまご存知でしたか??

精油は身体だけではなく心にもいいですよ☆
精油の匂いを嗅ぐだけで癒されますよ。
しかも匂いは脳にに1秒もかからずに到達するのですぐにリラックスできます。

今から暑くなるので、すっきりとした匂いのペパーミントがおすすめです☆

      スタッフ みやうち

by earth-g | 2011-06-09 11:16 | アロマ | Comments(0)

<< 寝苦しい日のアロマ 夏が近づくと >>