人気ブログランキング |

ハンドクリーム

みなさまこんにちわ♪
乾燥が気になる季節になってきました。ハンドクリームが手放せない今日この頃、香りや、触感でいろいろ使い分けている方もいるかと思います!

先日、テレビで成分によっての使い分け方を見ました!みなさまにも参考にしていただければと♪

人の肌は皮脂膜によって、皮膚の中の保湿成分の蒸発を防ぎ、潤いを保っています。
冬になると、皮脂膜の分泌が低下し、角質層がはがれおち保湿成分が外に出ていきやすくなり、乾燥肌になってしまいます

手が乾燥しやすいのは、いろんなものを触ることによって皮脂や水分がもっていかれやすい場所だからだだそうです。
手を濡れたままにすると蒸発の際、手の保湿成分も奪われるので、濡れた手はすぐに拭くことが大切です!

乾燥肌の予防に有効なのがハンドクリーム☆

◆ハンドクリームの選び方◆

部分部分で使い分けることが重要!正しく使うほうが予防になります!

<保湿系>
成分にセラミド、ヒアルロン酸が含まれるもの。
使用箇所は、カサカサしている手や全身に。

<ビタミン系>
成分にビタミンE誘導体などを含み血流促進する働きがある。
使用箇所は、カサカサしてくすみや冷えが気になる手足に。

<尿素系>
成分に尿素を含んだもので、角質溶解の働きがある。
使用箇所は、手・指の角化しているところに、ささくれなど。
皮膚の薄い部分に塗るのはさけ、部分使いがおすすめ。

◆ハンドクリームをより浸透させる塗り方◆

1.化粧水(スプレー)を手につけ、押し込む。
2.ハンドクリームを塗る。

ハンドクリームを塗る前に化粧水スプレーをすることで水分量がキープされます。
その理由は、化粧水スプレーで角質に水分・保湿成分が入り、その上にハンドクリームを
塗るので皮膚の潤いがハンドクリームによって守られキープされるためです!
化粧水をつける一手間で随分変わるみたいですよ♪

◆ハンドクリームの塗り方のポイント◆

1.量はパール粒3つくらい。
2.手の平で5~10秒温める。
3.指先から塗る。(血流をよくするために)
4.ひじの手前くらいまで塗る。
5.腕を回したりマッサージするとさらに効果的。
  (血流がよくなると天然の保湿成分が自分から作られ栄養が行き渡る。)

手を洗うごとに、こまめに塗ることが大切です♪
ハンドクリームは使い分けが必要なんですね!わたしも試してみます☆

c0222540_15405710.jpg


すたっふ いけだ

by earth-g | 2011-11-30 15:41 | セルフケア | Comments(0)

<< 夢を買う タダ野菜 >>