ハンドクリームとボディクリームの違い

みなさんこんにちわ!
以前にハンドクリームの使い方のお話をしましたが、自分自身疑問に思ったことが・・・

ボディクリームを塗っている時に手にももちろん伸ばします。
フェイスクリームがあまったら手や体に伸ばします。

・・・成分とかちがうんだろうか??そして塗ってもいいものだろうか??

調べてみました!!

ブランドやメーカーによっていろいろな考え方がありますが、ボディクリーム(ローション)とハンドクリームには薬事的に明確な違いはないそうです。

ということは、ハンドクリームをボディや顔などに使っても安全性上問題ありませんが、その部位に最も効果的なように処方を組んでいますので、身体にはボディ用を使うのがいいそうです。

手は身体のほかの部分と比べて、水にふれる回数が多く、洋服でカバーされていないために外気からの刺激にさらされやすいという特性があります。そのためハンド用は固形の油分や粘度の高い油分を多く使用していて、ボディ用は、身体の広い部分に伸ばしやすいよう、テクスチャー(質感)を調整しているらしいです。

ローションとクリームを比べると、ローションの方が伸ばしやすいため全身使いに適していますし、乾燥の程度がひどい場合はクリームを使っていただければ、ひじ・かかとなどのケアにも最適ですよね!

しかも、さらに詳しく調べてみると。。。

ボディクリームは使用する範囲が広く使用量が多いため、フェイスものに比べて比較的コストの安いベース成分を選択して作られているそうです。

使用感は大切ですよね!!わたしもべたべたするのは苦手なのでさらっとなじむタイプを使っています☆

c0222540_18262127.jpg


すたっふ いけだ
[PR]

by earth-g | 2011-12-13 18:29 | Comments(0)

<< 顔のむくみ 冬のかかと >>