梅雨

 ジメジメとした天気の日が多くなるこの時期、体がだるくて重いと感じる事はありませんか?
病気とまではいかなくとも「体調がいまひとつ」と感じる「むくみ」は、梅雨に起こりやすい症状のひとつです。  梅雨から夏にかけての雨季は「自律神経が乱れやすい季節」と言われていて、気圧の関係で人間の血流が悪くなる時期だそうです。
 血流が悪くなり、余分な水分が回収されにくくなった結果、むくみへとつながっていきます。
 むくみを改善・予防するには、下半身を使った運動を行なことが大切です。
 また、むくみは体内に余分な水分が残ってしまうことで生じます。よって、水分を排出すればむくみは解消されることになりますので、例えば、汗をかくことでむくみを解消することができます。
 シャワーで済ませずにちゃんと湯船に浸かって汗を流すなど汗をかく機会を意識的に増やしてみましょう。
 だるさをを改善して、ジメジメした梅雨を少しでも快適になるように過ごしていきましょう!!
c0222540_15545030.jpg

 
酒井
[PR]

by earth-g | 2014-06-09 15:56 | 健康 | Comments(0)

<< 話題のグッズ 百万石まつり >>