夏バテについて

「夏の大敵!!・・夏バテ

これから梅雨が明けてだんだん気温が上がってくる季節。皆様体調などはいかがでしょうか?
「食欲がない」「体がなんとなくだるい」いわゆる『夏バテ』の季節がやってきます。夏バテには明確な定義がなく、また特別な痛みがなかったり、日常生活に支障をきたすような症状がなかったりするので、だるいなぁ~と感じつつもそのまま対処せずに涼しくなるのを待ってしまいがちです。 今回は、そんな夏バテの原因と予防法をご紹介します。

① 体内の水分・ミネラル不足

 夏の暑さで体温が上がると体は体温を下げようとして汗をかきます。しかし、汗には体に必要な水だけでなく塩分やミネラルなども含まれているため、それらが体外に出ることによって、脱水症状を引き起こしてしまいます。「のどが渇いた」と感じたときは、すでに体が水分を欲している時。夏は特に、こまめな水分補給が必要です。

 また、疲労感・倦怠感があると、甘い飲み物が欲しくなりますが、甘い飲み物は摂りすぎるとそれだけでお腹が満たされてしまい食欲低下の原因になってしまうので注意が必要です。



② 胃腸の働きの低下

 暑いと胃の消化作用が低下してしまい、体に必要な栄養が吸収されなくなってしまいます。すると体が栄養不足になってしまうので、免疫力が低下して風邪を引きやすくなったり、体調を崩したりする原因となります。

 また、暑いとつい冷たい飲み物ばかり飲んでしまいがちですが、冷たい飲み物も胃腸の働きを低下させてしまいます。特に冷房の効いた部屋では温かい飲み物を飲むようにして、体を冷やさないようにしましょう。
しょうがやねぎも体を温めてくれます。香りも良いので食事に取り入れておいしくご飯を食べましょう。



③ 自律神経の乱れ

 自律神経は体温を調節したり、体を一定に保つ働きをしていますが、夏の暑さや急激な温度差によって、この自律神経が対応しきれなくなってしまいます。体内と外気との温度差が5度以上になるとそのバランスを崩しやすくなりますので、暑いからといって一日中涼しい部屋にいたり、冷たい飲み物をたくさん飲んでいては夏バテの原因を自分で作ってしまうことになります。 自律神経を整えるには、40度以下のぬるま湯にゆっくり浸かることがおすすめです。体が休息する時に活発になる副交感神経が働き、体をリラックスモードにしてくれます。

他にも、朝の熱めのシャワーは副交感神経から体が活動する時に働く交感神経に転換してくれ、体を活動モードにかえてくれます。

活動と休息のメリハリをつけて、夏バテ知らずの体を作っていきたいものです。

 

                                                  太田
[PR]

by earth-g | 2014-07-19 15:19 | Comments(0)

<< フェンネル 夏冷え >>