暑気払い

暑い日が続き、体調を崩される方も多くなってきているようです。
皆さま、体調管理にはくれぐれもご注意くださいませ。

ちなみにこの時期になるとよく聞く言葉として「暑気払い」というものがあります。
体を冷やす効果のある飲み物や食べ物をとり、体の中の熱気を逃がして暑さを払うという意味がありますが、実際に暑さを払う食べ物や飲み物自体を「暑気払い」ということもあるそうです。
最近ではそこから転じて、「暑い時はビール」という発想をする人が多いので、暑気払いといえば飲み会のことを指すようにもなったそうです。

暑さを払ってくれる食べ物にはいろいろありますが、昔から有名な暑気払いの食べ物としては以下のものが挙げられます。

●麦:旬の麦は、夏に体調を整える効果があるので、冷麦やそうめんは暑気払いに最高の食べ物なんだそうです。そのため、お中元でよく贈り物として送られることも多いのです。

●瓜:西瓜(すいか)、胡瓜(きゅうり)、冬瓜(とうがん)、苦瓜(にがうり=ゴーヤ)、南瓜(かぼちゃ)といったものがありますが、西瓜や胡瓜は、体の熱を下げてくれ、余分な水分を体外に出してくれる利尿作用がります。
他にも苦瓜は、ビタミンCが多く含まれていて、夏バテにも非常によく、また南瓜は、栄養が豊富で、冬瓜は、古くから暑気払いに効果的な食べ物として知られています。

●小豆や砂糖を使った菓子:昔から土用の入りには暑さ負けをしないよう、小豆入りの餅を食べる習慣があるそうで、そこから暑気払いとして小豆や砂糖を使った菓子などを食べる習慣が出てきたそうです。水羊羹や水まんじゅうなどがありますね。


暑い日が続くと食欲が出なかったり冷たい物を摂りがちになりますが、身体の暑さを払う食べ物を積極的に摂って、これから続く暑い日も元気に乗り切りましょう!!

c0222540_17474952.gif


飯塚
[PR]

by earth-g | 2014-07-26 17:48 | Comments(0)

<< 来月の定休日について そうめん >>