冷え性対策

ぐっと寒い日が続いてきましたが、皆さま体調などは崩されてはいないでしょうか?
この時期になると朝晩の冷え込みが激しくなってくるため、足が冷える・・・足先手先が冷える・・・というお客様が増えてきます。
これから本格的に寒くなるとどうしても冷え性の方には辛い時期になってきますね。
まだそんなに気にしていないという方も、冷えを感じてきて・・・とお困りの方もそろそろ冷えの対策を始めてみてはいかがでしょうか?

対策1:日頃からの運動を心がける
普段あまり体を動かさないと、血液を流す力が弱くなってしまい血行不良になってしまいます。体を温める熱を生み出すのは全身の筋肉なので、運動不足で筋肉が細くなったり、ダイエットなどで新陳代謝が落ちていると、熱を生み出す力が弱まってしまいます。生み出す熱が少なければ、いくら厚着をしても温まりません。
簡単な運動でも効果的です。いつもエレベーター・エスカレーターを使っているという方は、1回分だけでも階段を使ってみたり天気がいい日は帰り道一駅分歩いてみる等・・・

対策2:衣服で調節
足首や手首、首回りなどには太い血管があります。その部分を冷やすと一気に血液が冷えてしまい、血行不良・全身の冷えの原因にもなります。マフラーや毛糸の靴下や手袋などで冷やさないようにしましょう。またお腹周りを腹巻など使って冷やさないようにすることも大切です。お腹周りには大事な臓器がたくさん集まってますので、その部分を冷やすと内臓の働きも悪くなってしまいます。

対策3:体を温めるものを食べる
冬が旬の「根菜類」は体を温めてくれる作用がある、と言われています。大根にゴボウや生姜、人参やイモ類が挙げられますが、これらの食材はそれは水分が少なく、ビタミンC、Eや鉄などをはじめとするミネラルを多く含みます。ビタミンEは血行促進作用、ミネラルはタンパク質が体内で活用されるのに必須で、タンパク質は血液や筋肉を作る素となり、体温を維持するのには必要不可欠です。また、根菜はスープや煮物など温かい料理で食べることがほとんどであることも、体を温めることに繋がっていると考えられています。
美味しく食べて身体も温めることができれば一石二鳥ですね♪


また、当店の温かい石を使って体をほぐす、「ストーンマッサージ」もおススメです。
こわばった筋肉をほぐしながら身体を芯から温めることができます。

本格的な冬が来る前に、寒さ対策しておきましょう!!


c0222540_1823637.jpg



飯塚
[PR]

by earth-g | 2014-10-22 18:03 | Comments(0)

<< 足湯 幸せになるコツ >>