用心の季節



11月も中旬にさしかかり、空気も乾燥してきましたね。
12月~3月頃になると怖いのがインフルエンザです。

最近ではワクチンを接種する方と、接種はしない、という選択をする方、考え方はいろいろあるようです。
いずれにしろ、インフルエンザは風邪とは違う感染症ですから、予防と対策は必須になります。

とくに、ハイリスク群(インフルエンザに感染すると、重症化や合併症を引き起こす可能性の高いグループ)に該当される方は、注意が必要です。

ハイリスク群
•65歳以上の高齢者
•妊娠
•慢性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫、気管支喘息など)
•心疾患(うっ血性心不全など)
•腎疾患(慢性腎不全・血液透析患者・腎移植患者など)
•代謝異常(糖尿病など)
•ステロイド等の薬剤投与による免疫不全状態の患者



日常生活でできる予防法
1.栄養と休養を十分取る
体力をつけ、抵抗力を高めることで感染しにくくなります。

2.適度な温度、湿度を保つ
ウイルスは低温、低湿を好み、乾燥しているとウイルスが長時間空気中を漂います。
加湿器などで室内を適度な湿度(50~60%)に保ちましょう。

3.外出後の手洗いとうがいの実施
手洗いは接触による感染を防ぎ、うがいは口の中を洗浄し、のどの乾燥を防ぎます。

4.人ごみを避ける
病原体であるウイルスを寄せ付けないようにしましょう。

5.マスクを着用する
インフルエンザが流行してきたら外出する際はマスクを着用しましょう。罹患した人には、咳やくしゃみの飛沫から他人への感染を防ぐ効果もあります。『人に対して』という意味で『エチケットマスク』などといわれることもあります。

これらの実践を徹底し、インフルエンザに負けない身体を作っていきましょう!

スタッフ 今井
[PR]

by earth-g | 2014-11-15 15:52 | その他 | Comments(0)

<< スパイスで冷え性改善 スタッフ募集!!! >>