食べ物の「陰」と「陽」を覚えよう

季節の変わり目ですが体調などはいかがでしょうか?^^
疲れているときにこそしっかりと栄養補給が大事になってきます!
食べ物についてのお話いたします♪


食品は、身体を温めやすい食品と、身体を冷やしやすい食品、そしてどちらともいえない
中間的な食品の3つに分ける事ができます。
冷え性の対策では、やはり身体の内部から温めるのがよく、身体を温める作用のある食品で、
体質を改善していきましょう。


身体を温めやすい食品は、やはり寒い季節や寒い地方で採れる食品です。また、色の薄い食品よりも濃い色の食品の方が、身体を温める働きが
強いとされています。根野菜は、身体を温める食品として知られています。

根野菜は水分も少なく、代わりに食物繊維が豊富です。冷え症で身体が冷える事で
なりやすい便秘の症状も改善していく事ができます。

血液をサラサラにしれくれる食品も、冷え性対策に効果があります。血液をサラサラにして
血行を改善してくれる、玉ねぎやお酢等の食品を食べるようにするといいでしょう。


夏野菜などは、水分が豊富に含まれているので、冷え性の場合は、生のまま大量に食べる事は
良くありません。火を通すなどして身体を冷やさないようにして食べるようにしましょう。

アイスや冷たいジュースは、身体を冷やすだけでなく、砂糖が多く使用されています。
砂糖はあまり知られていませんが、身体を冷やす効果があります。
身体を冷やしてしまうだけでなく、肌荒れや肥満の原因になります。


いかがでしたか?私自身疲れている時などつい甘いものを欲してしまいますが(笑
、、バランスの良い栄養補給を心がけていきましょう♪
c0222540_16481296.jpg


スタッフ 太田
[PR]

by earth-g | 2015-06-22 16:48 | 健康 | Comments(0)

<< 期間限定エッセンシャルオイル リンパを流そう >>