寒い時期におススメな食べ物

特に身体を温める食べ物は、にんじん、ごぼう、かぼちゃ、たまねぎといった野菜に、高い効果があります。基本的にはどれも、火を通して調理し、温かいうちに食べるのが、効果的です。ビタミンAとビタミンEを含みます。

ビタミンAは、健康な血液を作る働きを持ち、ビタミンEは、血管を拡げ、血流を促進します。身体の冷えは、血行不良が大きな原因なので、にんじんに含まれる栄養素が、直接働きかけるのです。
特にビタミンAの含有量については、他の食べ物と比べずば抜けているので、手っ取り早く冷えを改善します。

ごぼうは水溶性の食物繊維を豊富に含んでおり、血液を正常に保ちます。
便秘には食物繊維が効果的とよく聞きますが、そもそも便秘は血流を妨げる効果もあります。食物繊維は便秘の解消と、血流の促進に効果を発揮してくれます。
また、イヌリンという成分には、利尿作用があります。余分な水分が身体にたまることも、冷え性の原因となるため、余分な水分の排出を、助けることで、冷えの改善にもつながるのです。

かぼちゃはビタミンE、食物繊維を含み、さらに利尿作用を促す効果があります。


たまねぎは血液をサラサラにする効果を持つことで知られていますが、その他にも、食物繊維による便秘解消の効果や、発汗・利尿作用を期待できます。

煮る、焼く、ゆでる、炒めるといった、加熱調理を基本とし、それらを温かいうちに食べると、より効果的です。
火を入れたまま食べる鍋料理などは、温かいまま食べることができるので、とても良い調理法と言えます。

しょうが、にんにく、ねぎ、しそは、そのまま食べることは難しいです。しかし、食欲をそそる香りもあり、料理との相性が良いので、調理に取り入れやすいです。
どれも血行を促進し、身体を温める効果も高いので、少量からでも意識して取り入れてみてください

〈身体をあたためる調味料・ハーブとその効果〉
・シナモン……毛細血管を収縮させ、血行を促進する
・コショウ……発汗作用、代謝の活発にする
・塩……体温調節、身体の水分量を調節し、冷えを防ぐ
・味噌……血行を促進する

血行の促進や、水分量を調節するなどの効果があり、どれも身体の中から温まります。
摂り過ぎは良くありませんが、塩や味噌なども、必要なエネルギー源です。


その他の食べ物
しょうが、にんにく、ねぎ、ニラ、れんこん、山芋 、、
果物
あんず、くるみ、さくらんぼ 、、

鶏肉、羊肉、レバー(鶏・豚)  、、

たい、いわし、ぶり、鮭、うなぎ 、、
豆類
黒豆、小豆 、、
調味料
みそ、塩、しょうゆ、麹(こうじ)、こしょう、わさび、シナモン 、、
加工品
たくあん、チーズ、納豆、うめぼし 、、
飲み物
紅茶、赤ワイン、日本酒 、、

身体を温める食べ物を意識して摂ることで、冷え性に効果があります。しかし、日常で、身体を冷やさないようにしたり、体を動かしたりといった意識をし、生活習慣を変えていくことも大切です。

身体の冷えを改善することで、免疫力も上がりますので、ぜひ参考にしてみてください
c0222540_1621182.jpg

スタッフ 太田
[PR]

by earth-g | 2015-12-17 16:21 | 健康 | Comments(0)

<< 冬至 腹の虫 >>