人気ブログランキング |

秋口の食べ方のコツ(8月中旬以降~

c0222540_19322350.jpg
日中は暑くても朝晩はぐっとしのぎやすくなって、
季節はすでに秋に以降しはじめているのです。
からだのほうもきたるべき秋に備えて、
ひと足早く秋の食べ物に切り替えましょう。
少なくとも、夏野菜を生のまま食べたり、冷たいものを飲んだりするのはやめて、煮込んだ料理やこの季節取れるいも類やでんぷん質の仲間など、ちょっと陽性がまさった食べ物をふやしていきます。
秋になって冷たい風が吹いたとき、からだのなかに余分な水分がたまっていると、急激にからだを冷やし、かぜひき体調をくずす原因をつくってしまいます。胃腸の働きをととのえて代謝を活発にし、陽性食で細胞を引き締めて、秋口の不調を予防してください。

夏負け回復メニュー
急に抜け毛がふえてきた、何をしてもすぐにバテる。
夏の暑さに負けて陰性の物ばかり食べていた人は、9月にはいってからドッと
しわ寄せがきてしまいます。
胃腸が弱り、消化能力も落ちてきていますので、
小食にしながらからだを温めるものを入れていきましょう。
さといも、さつまいも、れんこんにごぼう、栗やそばなど秋口からとれだす食べ物には、でんぷん質や陽性のミネラルや繊維質が
たくさん入っています。それほど強い陽性度ではありませんので、残暑にも耐えつつ、かつ寒さに向かってからだを締めていくのにはぴったりの食べ物です。
ちょうどこの時期、お月見団子をいただく風習がありますが、米のなかでは陰性な米粉を利用している点も、まさにこの論理と一致しています。
お団子以外には、栗御飯やいも御飯、コーン入り御飯など、米だけの御飯と比べてでんぷん質を軽めにした主食がおすすめです。
軽くすることで食べやすくし、
主食の量をきちんとふやしていくことが大切なのです。
主菜には、根菜やさといもがたっぷり入ったけんちん汁や
煮物などがおいしいとおもいます。
とにかく、秋口はからだを温める食べ物に切り替えることがポイント。
料理法もサッと火を通すだけでなく、
じっくり煮込んだものを増やしていってください。
(からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て より)

スタッフ 北崎

by earth-g | 2017-08-24 19:33 | Comments(0)

<< 佐渡島 夏のお風呂 >>