スマホが身体の不調を招く

現代人はほぼスマホや携帯電話を所有しています。
平均で一日に4時間以上使っているとでており、その間はやや下を向いてスマホを操作しています。
これが「スマホネック」の原因となります。

首が真っ直ぐすぎているのに気づいてますか?
スマホのスクリーンを見るとき無意識で手がだんだん顔の前から、胸の位置まで下がってきます。
それとともに頭も下がってくると、自然と背中が丸まってきます。

頭が胸の上ではなく、その前にある状態の場合は、頭の重さが通常の7倍になります!
頭の重さにまけて、首の背骨が、自然なカーブを失って、まっすぐになってしまいます。
これがストレートネックという状態です。

~こんなことで悩んでるスマホネックの方が多い~c0222540_16485892.png
◆ 頭痛が頻繁におこるようになった

◆ 首の痛みや首のコリ

◆ 肩コリがなかなか取れにくい

◆ 背中を大きく反れなくなった

◆ 頚椎症(けいつい症)と椎間板症(ついかんばん症)と診断された

◆ 首をぐるっとまわすとひっかかりや痛みがある

◆ 口が大きく開かなくなった、

◆ 口を開けると痛い

◆ 腕や手のしびれと痛みがある

◆ 最近、特に姿勢が悪い気がする

心身の調子が悪くするスマホネック

ストレートネックは痛みやコリだけではなく
脳、心、消化系にも悪影響を与える場合があります。

c0222540_16563083.png


スマホを触りがちな方は気にしてみて下さい。
スマホの触り方や触る時間を減らすだけでも身体の不調が緩和される
かもしれません。

スタッフ 熊谷




[PR]

by earth-g | 2017-10-09 17:07 | Comments(0)

<< 安眠に役立つアロマテラピー 女性のプチ不調を解消する。日常... >>