夏バテ対策!夏バテを防止する食べ物

夏は暑さで食欲が落ちたり、バテぎみになったりしていませんか?
食事を抜いたり、食べる量を極端に減らすのはNG。
体力や抵抗力が回復せず、さらに体調を崩すことにもなってしまいます。
今回は夏バテを防止する食べ物についてご紹介します。


●朝食は一日のエネルギー源!からだを冷やさない食事をとる暑いときつい冷たいものばかり食べたくなるもの。でもそれでは身体を冷やし、胃腸のはたらきを弱めてしまうんです。
野菜たっぷりのスープや味噌汁などを1品、食事の最初に食べるようにしましょう。

●たんぱく質を取って夏バテ防止!脂質の採りすぎには気を付けて
たんぱく質は体調の維持に欠かせない酵素として働く栄養素でもあるんです。しかし、糖質や脂肪のようにからだに蓄えることができません。そこで体内で常に行われている代謝に合わせ、毎食コツコツ補給する必要があるんです。

●栄養満点!夏のからだを元気にするのは、「1日1個の卵」
卵には、たんぱく質・鉄・ビタミンA・ビタミンEなどが多いと同時に、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素がまんべんなく含まれています。例えば、卵1個(約50g)とバナナ1本(約100g)のカロリーはどちらも80kcalくらい。ですが、摂れる栄養価は大きく異なります。

●だるさ解消にはカリウム補給。効率良く摂るにはくだものが最適!
夏のからだのだるさは、汗で失われるカリウム不足のせい。この困ったカリウム不足を、一気に解消してくれるのが「くだもの」。食欲がない朝でも、くだものなら食べやすいですよね。
買い置きしておいて、夏は1日1回くだものを食べましょう!
c0222540_12490226.jpg


[PR]

by earth-g | 2018-07-12 12:49 | Comments(0)

<< ストレッチポール おすすめの酵素ドリンク >>