<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

シナモン

最近、チャイが好きでよく飲むことが多いのですが、チャイといえばシナモンの香りが特徴的ですよね。
私もシナモンの香りが好きなので、そこからチャイを良く飲むようになりました。
ちなみにスターバックスでもトッピングでシナモンパウダーがあるので、スタバでココアを注文して自分で好きなだけ振り掛けることもあります。

シナモンは香辛料であるという事はご存知だとは思いますが、その歴史は意外と長く、なんと世界でも最も古い香辛料として認識されており、紀元前2000年以上前にエジプト人がシナモンを求める航海をしたという記録が残っているんだそうです。
シナモンにはどのような効果があるか調べてみると・・・

①ダイエット効果
シナモンのスパイス効能が空腹感と甘いものが欲しくなることを抑えてくれ、その結果体重減少につながる。
②脳の機能を増幅させる
脳の認識機能と記憶力を高めることができるので、仕事場や学校などで集中したい時に最適。
③アンチエイジング
毛細血管の老化防止や血行促進に効果があるため、シミ・シワが気になる人に・また、血行促進により抜け毛を減らすこともできる。
④冷え性予防
体の冷えを取り除き、血の巡りを良くするとされ、「桂皮」として漢方薬や風邪薬などに配合されている。それだけに冷えには抜群の効果を発揮。生理痛にも効果的

色々とうれしい効果があるようです。
スーパーなどでも香辛料のコーナーにシナモンは販売されているので気軽に購入できます。
ホットミルクに振り掛けたり、紅茶に振り掛けたり・・・手軽に取り入れることができるのでお勧めです。

ただし、妊娠中の方や肝臓の悪い方、香辛料にアレルギーのある方は避けるように、とのことですのでご注意くださいませ。

c0222540_1824345.jpg



飯塚
[PR]

by earth-g | 2014-03-23 18:25 | Comments(1)

口内炎

身体や胃腸が疲れてくると(自分ではそう思っていたのですが)口内炎によくなっていました。
原因てなんだろうと思い調べてみました。
口内炎の原因のうち代表的なのが口の中の傷です。傷自体が口内炎に直結するわけではなく、
口の中には数十億と言われる細菌がいます。思い出せば足より、頭より口の中が一番細菌が多い場所だとリフレクソロジーの授業で聞いたことがあります。噛みつくのが一番ダメージを与えることができると(笑)
と話しがそれましたが、その傷に唾液中の細菌が繁殖し炎症を起こすわけです。

c0222540_1518790.jpg


普段は唾液で細菌が洗い流されるのですが、唾液の分泌低下や、ビタミン不足、睡眠不足、ストレス、胃腸障害、喫煙など さまざまな要因がありますが、口の中も粘膜で消化系統の一つと私は思っています。
口内炎ができた時は食生活や心と体に優しい生活を送るようにとサインだと思っています。

あとはうがいや歯磨きで口の中を清潔に保つのも大切ですよ。
ビタミンB2やB6 ビタミンCも積極的に摂るようにすると良いそうです。お肌と一緒ですね。

miyamoto
[PR]

by earth-g | 2014-03-22 15:16 | 健康 | Comments(0)

ラベンダー

ラベンダーと言えばアロマの代表的なエッセンシャルオイルとして有名ですが、種類がいくつもあるのはご存知ですか?

精油は同じ学名の植物から採ったものでも成分の含有率が異なると当然香りも効能も変わってくるので、使い方も変わってきます。

「ラベンダー」といっても次の4種類のものがあります。(カッコ内は学名)


・ラベンダー・アングスティフォリア(Lavandula angustifolia)

・ラベンダー・スーパー(Lavandula burnatii super acetate)

・ラベンダー・ストエカス(Lavandula stoechas)

・ラベンダー・スピカ(Lavandula spica)


<ラベンダー・アングスティフォリア>

真正ラベンダーとも呼ばれている精油でラベンダーの代表品種
鎮静作用と鎮痛作用のあるエステル類と鎮静作用のあるリナロールを主成分としているので精神的・肉体的なリラックス効果があります。妊婦さんにもおススメ♪乳幼児や高齢者にも安心して使用できます。
特にリラックス効果を得たい方にはこちらがおススメです。

<ラベンダー・スーパー>

アングスティフォリア種とスピカ種の交配品種でラバンジン、またはラベンダーハイブリットと呼ばれる品種
鎮静作用と鎮痛作用のあるエステル類と筋肉弛緩作用のあるカンファーや瘢痕形成作用のあるケトン類をバランスよく含んだ利用範囲の広い精油です
鎮静作用のあるリナロールを主成分としているので精神的・肉体的なリラックス効果があります
筋肉疲労などの肉体疲労の緩和に効果的です。比較的安価です。

<ラベンダー・ストエカス>

最も古くから薬用や化粧用として利用されてきたフレンチラベンダーと呼ばれる品種
脂肪溶解作用や粘液溶解作用があるケトン類を多く含むので皮下脂肪除去を目的に痩身やダイエット用に使います
瘢痕形成作用の効果を期待して皮膚を滑らかに保ちたい時に使用します
(ケトン類には神経毒性があるので注意が必要です)


<ラベンダー・スピカ>

スパイクラベンダーとか野性ラベンダーと呼ばれている品種
アングスティフォリア種と比較するとエステル類の含有量は少なくリナロールと抗炎症作用のある1.8シネオールが主成分なのでリラックス効果よりも瘢痕形成作用に期待して火傷や創傷に使用します
粘液溶解作用や去痰作用のあるケトン類のカンファーも含むので副鼻腔炎や気管支炎などの疾患にも期待できます

もし、エッセンシャルオイルをお買い求めの際は学名などでどの種類か確認してみるのもいいですよ!
ちなみに当店では真正ラベンダーとスーパーの取り扱いがございます(^^)

c0222540_17303454.jpg


すたっふ いけだ
[PR]

by earth-g | 2014-03-21 17:31 | Comments(0)

フレンチトースト

今日は久しぶりに朝ゆっくりできたので、朝食にフレンチトーストを作りました。
昔、小さい頃は母親が朝に作ってくれたものを食べていたので、自分で作って一人で食べるのは何となく物悲しく・・・(笑)

日本ではフレンチトーストは食パンで作るのが多いとは思いますが、本場ではバゲット(フランスパン)をスライスして使います。古くなり硬くなったバゲットを卵液に浸して焼いていたことから、パン ペルデュ(失われたパン)と呼ぶそうです。

作り方はそれぞれ違うとは思いますが、我が家の作り方は

①食パンを食べやすい大きさ(4つくらい)に切る。
②卵・牛乳・砂糖を混ぜた卵液に①を浸す。
③フライパンで焦げ目がつくまで焼く。

という至ってシンプルなものです。卵の量は食パン一枚当たり一個の計算で後は適当に・・・。食べる際はメープルシロップをかけたりバターを乗せたり・・・リッチにホイップクリームやチョコレートソース、フルーツを乗せてみても美味しいですよ。

お店で食べるのも美味しいですが、家でも手軽に作ることができます♪
是非お試しください♪

c0222540_17134516.jpg



飯塚
[PR]

by earth-g | 2014-03-15 17:14 | Comments(0)

気になっていた洋食屋さんに行ってきました。

 津幡町にあるミールというお店に行ってきました。
以前、砺波にあったお店なのですが、津幡に移転オープンして以来、
お客さんがいっぱいでしばらく様子をみていました。

 昨日も1時まで貸切りで、1時を待ってお店に入ると
同じ考えのお客さんですぐに満席になってしまいました。
 店内はテーブル席が5席くらい、カウンターも5~6人のお店でした。
ランチタイムではプラス120円でパウンドケーキとムースのバイキング
コーヒーのお替り自由というサービスがあって、つい待ち時間に
食べ過ぎてしまいました。
 肝心のランチセットは焼きハヤシライス温玉のせ(スープとサラダセット)を
頂きました。
 ハヤシライスの上にスライスされたポテトとトマト、真ん中には大きなビーフがのっています。
その上にチーズをたっぷりのせて焼いてあるので、とてもおいしかったです。

店内は女性のお客さんでいっぱいでコーヒーとデザートがお替り自由なので
ご飯の後にお話ししたい女性にはお得だなと思いました。
c0222540_18432096.jpg

[PR]

by earth-g | 2014-03-14 18:44 | その他 | Comments(0)

花粉症

気づいたら3月に入って10日近く経とうとしています。
この時期は卒業式や移動やらで新しい生活に向けて準備などで忙しくなりがちです。

日本では3月のことを「弥生 やよい」と呼ぶのは皆さんご存知だとは思いますが・・・。
この弥生は、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となったという説から来ているそうです。
とはいえまだまだ北陸の冬は寒く、草木が生い茂るどころか、雪も降り、春の兆しはどこへやら、といった様子です。

寒さはまだ続きますが、この時期そろそろ気になるのが「花粉症」です。
かくいう私も先週あたりからくしゃみや鼻のムズムズが気になりだし・・・特に辛いのが鼻づまりです。
毎年の花粉症対策として私がいつもしているのが、マスクに精油をしみこませる!!という何ともお手軽な方法です。
ユーカリやティートリー、ペパーミントなどの鼻づまりに効果的な香りの精油を一滴ほど皮膚に触れない方のマスクに垂らすだけ。
これだけで鼻通りがかなり良くなります。
この3つの精油は鼻通りも良くしてくれますが、抗菌・殺菌・免疫強化の作用もありますので、花粉症だけではなく、風邪を引いたときにもお勧めです。
芳香浴で部屋に香らせても良いですし、荒塩に混ぜてバスソルトとしてお風呂で楽しみながら予防するのも良いですね。

c0222540_18473041.jpg


飯塚
[PR]

by earth-g | 2014-03-09 18:49 | Comments(0)

おすすめレストラン

3月だどいうのに金沢は昨日から雪が降っています・・・。
早く暖かくなってほしいです(><)

先日、田上のレストラン「アマレット」に行ってきました♪
かなり人気の店らしく、予約しないと入れないそう・・・。私も2回ほどランチにチャレンジしましたが、予約一杯で入れず。

メニューにはコースとアラカルトがあり、ドリンクにエルダーフラワーを使ったハーブドリンクもありました!ノンアルのカクテルもあるみたいです。

今回はアラカルトで、バーニャカウダーやパスタを頼みました♪

c0222540_1873298.jpg

c0222540_1875392.jpg


最後にデザートの盛り合わせ★二人分で10品ものデザートが乗ったプレートでした♪
お勧めのレストランです(^^)
ぜひ行ってみて下さい!!

すたっふ いけだ
[PR]

by earth-g | 2014-03-08 18:11 | Comments(0)

甘酒

3月3日はひな祭りですね(^.^)。
ひな祭りでよく飲まれる甘酒について調べてみました。
 甘酒は疲労回復や美につながる効果がいっぱいな飲み物なんだそうです!
 江戸時代、甘酒は栄養豊富で体力回復に効果的な、夏の栄養ドリンクとして
夏場には多くの甘酒売りがいたそうです。
 現代は夏ではなく、冬に身体を温めるものとして用いられるイメージが
ありますが、夏の暑気払いとしても活用できるとは、素敵な飲み物ですね。
 ちなみに、酒粕から作られる甘酒は砂糖がたくさん入っているので、
ダイエットしている人は避けた方がよさそうです。
また、酒かすから作られた甘酒は、アルコールも含まれていますので、
アルコールがダメな方は注意が必要です。
 米麹で作られている甘酒は砂糖は不使用で、ノンアルコールなので
米麹で作られている甘酒の方が良いようです。
今、にわかに注目されている甘酒、少しづつとり入れていけるといいですね~(*^_^*)。

担当 さかい

c0222540_14212190.jpg


 
[PR]

by earth-g | 2014-03-01 18:41 | Comments(0)