<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

みかん

先月、知り合いから箱入りでみかんを頂きました、、
ちょっとみかんについて調べていこうと思いました!



みかんの効能その1【風邪予防】

みかんには、ビタミンCがたっぷり!
なんと、みかん2個で1日の必要量が摂取できちゃうそうです。
シネフィリンという栄養成分が
ビタミンCをタッグを組んで、風邪に対する免疫力を高めてくれます。


もちろん、ビタミンAとなるカロチンや、ビタミンEやビタミンP(ルチン)も
含まれているので風邪予防にピッタリなのです。

ちなみにビタミンP(ルチン)は、みかんの白い筋に多く含まれているんです。
ここで、もしかして風邪かな?
と思ったら、みかんの黒焼きを試してみてください。


作り方は簡単です!

まず、みかんを網の上で皮が真っ黒になるまで
弱火でじっくりと焼きます。
そのまま食べてもOKなのですが
あつあつの果汁を絞り
生姜のしぼり汁と一緒に飲んですぐに眠りましょう
発汗作用により風邪が悪化することなく、すみやかに回復に向かいますよ。


みかんの効能その2【美肌効果】

ビタミンCはとっても壊れやすいのでも有名です。
そのビタミンCを助けているのがヘスペリジン。
ビタミンCとヘスペリジンが、お互い効果的に働くことによって
動脈硬化を防いだり、抗アレルギー作用や発ガン抑制作用もあるのです。


そして、女性に嬉しい美肌効果も期待できるのですよ~。


みかんの効能その3【疲労回復に効果的】

みかんに含まれる酸っぱさの元クエン酸は疲労回復を早めてくれます。

血液を弱アルカリに保ってくれる
ミネラル類も豊富に含まれます。
疲れたな~と思ったら、みかんで一息つきましょう^^



普段何気なく美味しく食べていただけのみかんに
こんなにも素晴らしいパワーがあったとは!
これからもっとみかんを好きになりそうです!♥

c0222540_18351064.jpg




スタッフ 太田
[PR]

by earth-g | 2015-01-31 18:35 | 健康 | Comments(0)

シナモン

アップルパイやシナモンロール、ハーブティーなど、シナモンを使用した食品が好きな方も多いと思いますが、
その効果はご存知でしょうか?

●胃や腸を健康にする効果
シナモンは腹痛や下痢、腹部膨満感などの解消に有効だといわれています。インドでは「tejpat」として腹痛や下痢の治療薬に使用されています。

●血流を改善する効果
シナモンには血行を盛んにし諸臓器の機能を亢進する作用があるといわれています。血行とは血液の流れのことをいいます。血行が悪くなると、全身の細胞の新陳代謝が滞り、老化が促進されます。また疲れやすい、免疫力が低下するといった体の不調をもたらします。

●むくみを予防する効果
漢方で使用されるシナモンには、水分代謝を調節する作用があるといわれています。水分代謝とは汗や尿とともに体の不要物を体外に排出することをいいます。水分代謝が悪くなると体内に余分な水が溜まり、むくみの原因となります。シナモンには発汗を促してむくみを予防する働きがあります。

●消化を促進する効果
シナモンの甘い爽やかな香りは桂皮アルデヒドと呼ばれる成分で、消化促進作用を持っています。
桂皮アルデヒドは嗅覚を刺激し、胃の働きを高めることで胃液の分泌を促し消化を促進します。

●糖尿病の予防・改善効果
Ⅱ型糖尿病※1の患者を対象にした複数のランダム化比較試験によって、シナモン投与による血糖コントロール改善作用、糖代謝改善作用が報告されています。
そのため、シナモンは糖尿病対策の機能性成分として注目されています。

[※1:Ⅱ型糖尿病とは、食事や運動などの生活習慣が誘因となりインスリン作用が低下する糖尿病のことをいいます]

多くの効果が期待できますが、シナモンにはクマリンといわれる成分が含まれており、
このクマリンを過剰摂取すると肝障害を引き起こす可能性があります。
また、香気成分のシンナムアルデヒドが胎児に悪影響をおよぼすため、
妊婦さんへのリスクとなるともいわれています。
より多くの効果を期待して過剰摂取すると、逆効果になってしまいますので、
適量を守って健康な身体を目指しましょう!

c0222540_1432861.jpg


榊原
[PR]

by earth-g | 2015-01-28 19:00 | Comments(0)

最新の健康情報

あるあるネタですが、先日、掃除をしていて本棚を整理しようと思ったら読書が始まってしまいました。

そこで感じたのは、医学や健康に関する常識は新たな発見や研究で明らかになったり、時代とともに変わっています。
腰痛ひとつとっても、昔は安静にそれでもダメなら手術でしたが、現在では歩けないほどでなけでば、負担がかかり過ぎない程度に動いたり、運動したほうがよい、原因も腰痛とは無関係だったストレスが大きく関係している、というのが現在の考えです。
食生活も様々な健康法がたくさんたくさんあり、時代とともに変わっています。
昨日当たり前で常識だったことが、明日には間違った非常識なことになっているかもしれません。

一体何が正解なの??って思う事もありますが、そこはホリスティックに物事を見て、あとは自分の身体の反応が正解なんだと思います。
たまに自分の身体の反応や心の声を聞く時間を取られることをお勧めします。
またアースガーデンで癒しの時間をお過ごしください。


喜多野



c0222540_15345944.jpg

[PR]

by earth-g | 2015-01-22 15:36 | 健康 | Comments(0)

肝臓のお話

肝臓のはたらきは日頃の生活習慣に左右されやすいものですが、肝臓は
予備能力が非常に高く、多少の障害があっても正常に機能し続けます。
しかも、痛みなどの自覚症状が現れにくい「沈黙の臓器」のため、
気づかないうちに病状が悪化してしまうのです。
適度な運動と休養、規則正しい生活、バランスの良い食事を心がけて肝臓を守りましょう。

食事内容を見直して肝臓をいたわろう

肝臓が元気でいるためには、良質のたんぱく質とビタミンやミネラルの摂取を心がけましょう。
良質なたんぱく質は、
肉類や魚介類、大豆製品、卵、乳製品
から、
ビタミンやミネラルは、
緑黄色野菜や海草類、きのこ類
から摂取できます。
また、肝臓の解毒作用を強める食品として、
アサリやシジミなどの貝類、タコやエビなどがあります。

なお、脂質や糖質は控えめに。過剰な脂質や糖質は肥満や脂肪肝を招きます。

•味付けは薄味を心がけ、塩分の摂りすぎに注意する

•揚げ物の衣は薄付きにするなど、吸油量を抑える

•糖分を多量に含む清涼飲料水を飲み過ぎない

•外食では、食材の種類が多い物を選ぶ

•肝臓の解毒作用に負担をかける加工食品、レトルト食品、スナック菓子、
インスタント食品等は避ける


忘、新年会も終わり、ようやく落ち着きつつある頃にお疲れが、、(>_<)
 一度食事習慣を見直してみてはいかがですか。♪

スタッフ 太田
[PR]

by earth-g | 2015-01-17 12:00 | 健康 | Comments(0)

身体のこと

インフルエンザや風邪など流行しているようですが、いかがですか?

先日、救急ドクターのブログで「そうだよね」と再確認する内容の記事を見かけたので、皆さんにもご紹介しようと思っていたのですが、、、、SNSだったので見当たらなくなりました。。。
どのような内容だったかというと、風邪薬は風邪を治しているわけではない、インフルエンザにしても特効薬ななく(タミフルも感染48時間以内に服用すると、ウイルスの増殖を抑えることができるだけ)、
救急患者で「明日までになんとかしてください。大事な用事があるんです」と言われる方がいるそうですが、頼む人が違っている、頼むなら自分の身体に頼みなさい と ……確かに。

結局は自分の身体で治すしかないんですよね。

私は小さなころから、薬嫌いで相当両親を困らせていました。なのに高熱は年に2,3度は出す、神経も過敏で身体の痛みを訴え、病院に着くころには痛みはなくなりケロッとしていたり、、
だからこんな健康マニアな私になったのかと思いますが。。

薬がダメと言ってるわけではなく、ちゃんと知っておいてほしいということなんでしょうね。

「治すのはあなたの身体自身です」って。

c0222540_15551123.png


今年は少しずつアウトプットする年にしてきたいと思っています。
宜しくお願い致します

Naturalrelaxation 
アースガーデン店長  喜多野
[PR]

by earth-g | 2015-01-14 15:55 | 健康 | Comments(0)

フットケア 爪

当店ではリフレクソロジーなど足のトリートメントも行っていますが、タコや魚の目、巻爪などの悩みをお持ちの方がよくいらっしゃいます。

ご自身やサロンで角質などのケアをされている方もいらっしゃいますが、長年足に合わない靴を履いたり、間違った爪の切り方を続けていると、足爪にさまざまな問題が生じてきます。

爪の役割には次の3つが挙げられます。
1)靴や外部の衝撃などから指先を守る役割
2)指先から力を発揮しやすくする力の増幅効果
3)触覚というセンシング機能の向上

爪は、皮膚から変化したもの。指先に傷などで痛みが出ると、歩行などに支障をきたしますよね。
そして直立位や歩行、スポーツまで関係してくるため、大変重要です。足爪は、足自体から発揮される力を適切に地面に伝え推進力を得るために、支えになっているのです。

指先に限らず皮膚には触覚がありますが、外部からの刺激の大きさによって皮膚の形自体が変化したら、その刺激をうまく受け取れません。特に歩行や立位では足裏の情報は重要です。通常の2足歩行では、地面に接地しているのは足裏だけなので、地面からの情報をとらえる方法も足裏の触覚しかありません。この観点から、爪がしっかりと刺激の入力信号を受け取ることができ、皮膚にタコや傷などがなくきれいな状態にあることで、正しい情報が得られると考えられます。

指より少し長めで両サイドを落とさないのが正しい足爪の切り方です!
ざっくり簡単に表現すると、正常な爪や指の状態であれば、爪は指の形に切るのがよいでしょう。ただし指は床面からの加圧により変形します。指先と爪先がぴったり同じ長さだと、加圧により変化した指先の大きさに爪の長さが対応できません。したがって、指の大きさの変化を考慮して、指先よりも1~2mmくらい長めに切るのがよいでしょう。

足爪には変形や変色などさまざまな問題が生じる可能性があります。日頃から正しくケアしていきましょう!

すたっふ かめい

c0222540_18124943.jpg

[PR]

by earth-g | 2015-01-10 18:12 | Comments(0)

自然のパワーを持つホットストーンセラピー

ホットストーンセラピーとは約50~60℃に温めた天然の石を使用して行うリラクゼーション効果の高いオイルトリートメントです。

ホットストーンを使ってからだを温めることで緊張した筋肉をゆるめ、血行を良くし、代謝を高めることで冷えやコリ、むくみを和らげる効果が期待できます。

欧米のホテルやスパでは深いリラグゼーションが味わえる大人気のメニューのひとつです。

ホットストーンセラピーは、アロマオイルなどを使ってトリートメントを行います。からだにオイルをなじませ、温めたストーンを滑らせて、全身をやさしくトリートメントしていきます。また、ストーンをベッドに敷いたり、背中や手のひらにのせたりと、様々な方法でトリートメントも行います。

ホットストーンセラピーに使われる石は、黒くてつるつるとした滑らかな表面を持つ、玄武岩(げんぶがん)という火山岩の一種が使用されます。

温められたストーンから発生する遠赤外線により、温かさが身体の奥深くまで伝わります。からだが温まることにより、血行が良くなり、ストレスや疲れによる筋肉の緊張をやわらげ、高いリラクゼーション効果が期待できます。それに伴い、疲労回復やストレス改善、美容の効果も期待できます。

是非アースガーデンで極上のお時間をお試し下さい。


スタッフ林
c0222540_18374121.jpg

[PR]

by earth-g | 2015-01-08 18:38 | Comments(0)

七草粥

今日1月7日に七草粥を食べたとうい方たくさんいらっしゃると思いますが、
その意味や効能はご存知でしょうか?

七草粥の由来は、古代中国の人日の節句(1月7日)に
7種類の野菜を入れた汁物を食べることで
無病息災を祈るという習慣がありました。
それが、日本に伝わったわけですが、七草粥の習慣は、
最初、宮中行事として、皇族や貴族の間でのみ行われていたのですが、
その後、江戸時代には、一般庶民にも広く知れ渡るようになったそうです。

七草粥に入れる「春の七草」すべてご存知ですか?

●芹(せり) ・・・解熱効果や胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用、
         食欲増進、血圧降下作用など、様々な効果があります。

●薺(なずな) ・・・別名をぺんぺん草といいます。
           利尿作用や解毒作用、止血作用を持ち、
           胃腸障害やむくみにも効果があるとされています。

●御形(ごぎょう)・・・母子草(ハハコグサ)のことです。
            痰や咳に効果があります。
            のどの痛みもやわらげてくれます。

●繫縷(はこべら)・・・昔から腹痛薬として用いられており、胃炎に効果があります。
             歯槽膿漏にも効果があります。

●仏の座(ほとけのざ)・・・一般的に、子鬼田平子(こおにたびらこ)を指します。
                 胃を健康にし、食欲増進、歯痛にも効果があります。

●菘(すずな)・・・蕪(かぶ)のことです。胃腸を整え、消化を促進します。
           しもやけやそばかすにも効果があります。

●蘿蔔(すずしろ)・・・大根のことです。風邪予防や美肌効果に優れています。

七草粥は、飲んだり食べたりで疲れている
お正月明けの胃腸にもやさしい食べ物なんですね。


c0222540_188326.jpg


スタッフ 榊原
[PR]

by earth-g | 2015-01-07 18:12 | Comments(0)

スタッフ募集のお知らせ

あめましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

現在アースガーデンでは一緒に働いてくれる、スタッフを募集しています。

ご存知の通り、めいてつエムザ3階にあるお店です。
当店はお客様にリラックスした時間を提供できることを心がけ、
施術のみならず、おもてなしの心、ホスピタリティを大切に仕事に取り組んでいます。

アロマトリートメント、ホットストーン、リフレクソロジーなど豊富なメニューを取り揃えています。
いろんなメニューを覚えることができるチャンスです!

ご興味のある方はぜひお問合せください。

※経験者、有資格者優遇
※パート、アルバイト、正社員

076-232-1007 担当:喜多野・亀井
[PR]

by earth-g | 2015-01-06 13:47 | セラピスト | Comments(0)