<   2015年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

年越しそば

今日は、大晦日です。
今年も、もうに一年が過ぎますね。
私だけが、こんなに時間の流れが早いの!?と思うくらい今年はスピードの年でした。
それと同時に学びの多い充実した年でした。
みなさん、来年の準備は出来ましたか?
年越しそばを食べて来年もいい年にしましょう!

年越しそばとは
大晦日(12月31日)に縁起をかついで蕎麦を食べる習慣のことを言います。
江戸時代から定着しているそうです。

延命・長寿祈願
そばは細く長く伸びるので、「長寿延命」「家運長命」などの縁起を担いで食べるようになったというもの。引越しそばの「末永く宜しく」という意味にも通じます。

お金を集める縁起物
金銀細工師が散らかった金粉を集めるために使っていたのがそば粉。そこから、「金を集める縁起物」「金運を呼ぶ」という意味合いが生まれ、新年の金運向上のために食される様になったという説です。

旧年の苦労や借金を切り捨てる
そばは切れやすいことから、旧年の労苦や災厄をきれいに切り捨てて新しい年を迎えることを願ったとする説です。「縁切りそば」「年切りそば」とも言います。借金を打ち切る意味で「借銭切り」「勘定そば」とする説もあり、この場合は必ず残さずに食べなければいけません。

健康祈願
そばは風雨に叩かれても、再び日光を浴びると元気になる植物です。そこから健康の縁起を担ぐのに最適とされました。また、そばの実が五臓の毒を取ると信じられていたことに由来するとの説もあります。

c0222540_15594937.jpg


今日は、年越しそばで今年一年の厄を断ち切りましょう!!
ちなみに、食べるタイミングは晩御飯以降の除夜の鐘が鳴る前に食べるといいですよ!

来年もよろしくお願い致します。

岡本
[PR]

by earth-g | 2015-12-31 12:13 | 健康 | Comments(0)

今年もありがとうございました

今年もあと4日。お客様のお見送りの際も「来年もよろしくお願いいたします」「良い年をお迎えください」になってきています。
でも雪がないからか、あったかいからか年末感がいまいち、、、
それでも今年一年を振り返り、来年の目標を考えたりしています。
みなさんはどのような一年でしたか?


振り返ると様々な方に感謝の気持ちがあるかと思いますが、
身体にも感謝をしてほしいと思います。


体があるから、仕事もでき、ご飯も食べれて、夢や目標を行動に移していくことができるのです。
「体に感謝なんて自分の体だから当たり前!」なんて思わずに、頑張ってくれた身体にも「今年一年ありがとう」と声をかけてあげてくださいね。
結果自分を大事に大切に思うことにつながっていくとおもうんです。
c0222540_12545670.jpg



そんな「お客様の大事な身体」を触らせていただくという意識を忘れず来年も頑張ります。
アースガーデンをご愛顧いただいた皆様、本当にありがとうございました!!!


喜多野修子

c0222540_1256392.jpg

[PR]

by earth-g | 2015-12-28 12:56 | 店内の様子 | Comments(0)

エムザ営業時間について

今年ものこり1週間きりましたね。。
忘年会にクリスマス等、体のお疲れはいかがでしょうか?
仕事納めまであともう少し!頑張って下さい。



さて、年末年始のエムザ営業時間のお知らせです!
12月31日 10時~17時

1月1日   休館日

1月2日   10時~19時30分


earthgardenも休まず営業します!^^

ご予約も埋まってきております、


年内に疲れをリセットしましょう♪皆さまのご来店お待ちしております♪
[PR]

by earth-g | 2015-12-25 16:30 | Comments(0)

冬至

明日22日は冬至です。北半球では太陽の位置が1年の中で最も低く、
日照時間が最も短くなります。
冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくることから、
太陽が生まれ変わる日ととらえ、古くから世界各地で冬至の祝祭が盛大に行われていました。
太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では冬至が暦を計算する上での起点となります。
また、中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に
再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意の
一陽来復(いちようらいふく)といって、冬至を境に運が向いてくるとしているそうです。

冬至といえば、かぼちゃを食べて、柚子湯に入る方も多いのではないでしょうか。
かぼちゃはビタミンAやカロチンが多く含まれているので、風邪の予防になります。
柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、
果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があります。
さらに、香りによるリラックス効果も期待できます。

これからの厳しい寒さを元気に乗り越えましょう!

c0222540_1503572.jpg



スタッフ 榊原
[PR]

by earth-g | 2015-12-21 15:02 | Comments(0)

寒い時期におススメな食べ物

特に身体を温める食べ物は、にんじん、ごぼう、かぼちゃ、たまねぎといった野菜に、高い効果があります。基本的にはどれも、火を通して調理し、温かいうちに食べるのが、効果的です。ビタミンAとビタミンEを含みます。

ビタミンAは、健康な血液を作る働きを持ち、ビタミンEは、血管を拡げ、血流を促進します。身体の冷えは、血行不良が大きな原因なので、にんじんに含まれる栄養素が、直接働きかけるのです。
特にビタミンAの含有量については、他の食べ物と比べずば抜けているので、手っ取り早く冷えを改善します。

ごぼうは水溶性の食物繊維を豊富に含んでおり、血液を正常に保ちます。
便秘には食物繊維が効果的とよく聞きますが、そもそも便秘は血流を妨げる効果もあります。食物繊維は便秘の解消と、血流の促進に効果を発揮してくれます。
また、イヌリンという成分には、利尿作用があります。余分な水分が身体にたまることも、冷え性の原因となるため、余分な水分の排出を、助けることで、冷えの改善にもつながるのです。

かぼちゃはビタミンE、食物繊維を含み、さらに利尿作用を促す効果があります。


たまねぎは血液をサラサラにする効果を持つことで知られていますが、その他にも、食物繊維による便秘解消の効果や、発汗・利尿作用を期待できます。

煮る、焼く、ゆでる、炒めるといった、加熱調理を基本とし、それらを温かいうちに食べると、より効果的です。
火を入れたまま食べる鍋料理などは、温かいまま食べることができるので、とても良い調理法と言えます。

しょうが、にんにく、ねぎ、しそは、そのまま食べることは難しいです。しかし、食欲をそそる香りもあり、料理との相性が良いので、調理に取り入れやすいです。
どれも血行を促進し、身体を温める効果も高いので、少量からでも意識して取り入れてみてください

〈身体をあたためる調味料・ハーブとその効果〉
・シナモン……毛細血管を収縮させ、血行を促進する
・コショウ……発汗作用、代謝の活発にする
・塩……体温調節、身体の水分量を調節し、冷えを防ぐ
・味噌……血行を促進する

血行の促進や、水分量を調節するなどの効果があり、どれも身体の中から温まります。
摂り過ぎは良くありませんが、塩や味噌なども、必要なエネルギー源です。


その他の食べ物
しょうが、にんにく、ねぎ、ニラ、れんこん、山芋 、、
果物
あんず、くるみ、さくらんぼ 、、

鶏肉、羊肉、レバー(鶏・豚)  、、

たい、いわし、ぶり、鮭、うなぎ 、、
豆類
黒豆、小豆 、、
調味料
みそ、塩、しょうゆ、麹(こうじ)、こしょう、わさび、シナモン 、、
加工品
たくあん、チーズ、納豆、うめぼし 、、
飲み物
紅茶、赤ワイン、日本酒 、、

身体を温める食べ物を意識して摂ることで、冷え性に効果があります。しかし、日常で、身体を冷やさないようにしたり、体を動かしたりといった意識をし、生活習慣を変えていくことも大切です。

身体の冷えを改善することで、免疫力も上がりますので、ぜひ参考にしてみてください
c0222540_1621182.jpg

スタッフ 太田
[PR]

by earth-g | 2015-12-17 16:21 | 健康 | Comments(0)

腹の虫

「腹の虫」といっても寄生虫ではないですよ~、場面によっては鳴ってしまうと恥ずかしい「ぐ~。きゅる~。」の方です。それを回避するためにたいして空腹でもないのに食べちゃってるって事、ないですか?
そもそもお腹が鳴る原因には、「お腹が空いているとき」「食べ物を消化するとき」の2つが考えられます。
お腹が空いた状態というのは血糖値が下がっている状態。脳は血糖値が下がった事を認識すると、「胃袋の中身を腸に送れ」と信号を発信し、次の食べ物が入ってくる為の準備をするそうです。この時に胃袋から腸までの狭い空洞の中を空気も一緒に移動します。その空気の移動音が「腹の虫」の正体!お腹がいっぱいでも鳴るのは、消化するために胃や小腸が動くから。胃や腸が活発な動きをしている証拠です。

鳴ってしまっては困るけれども、空腹状態がもたらす良い影響もあります。
・血糖値が下がってインスリンの出る量が減ると、記憶に必要な脳内のタンパク質が活性化し、記憶力が向上する
・人間はは空腹状態に置かれた時に、生命力が活性化するという遺伝子を持っており、それが活性化することによって、傷付いた細胞が修復される。つまり、健康や若さを保つ秘訣は、空腹状態を作ることにある
血液がキレイになる。(食べ過ぎると胃腸に長時間血液が集中し、他の器官への血液供給量が低下。さまざまの病気を誘発する原因になる)
・血管を掃除してくれる善玉ホルモンの『アディポネクチン』が分泌される。空腹状態になるほど、体が肌をつややかに、シワを薄くしようとする
つまりは「腹の虫」は若返りのサインなんですね。

空腹は物理的にお腹になにも入っていない状態。空腹感は空腹だと感じている状態です。後者は必ずしも物理的に空腹とは限りません。口寂しかったり、単なる食べたい気持ちから湧く「空腹感」と「空腹」を取り違えて、「食事の時間だから」とお腹が空いていないのに食べることは、食べ過ぎにつながってしまいますね。

どうしても鳴っちゃったらマズい!って時は、背を伸ばしお腹を少し膨らまして胃に少し力を入れたり、お腹を凹ませお腹に力を入れると回避できるらしいですよ!

c0222540_9162732.png


スタッフ西田
[PR]

by earth-g | 2015-12-15 01:05 | Comments(0)

冬におススメ生姜ココア

やせない原因の大半は「基礎代謝の低下」「老廃物の蓄積」「むくみ」です。それらを撃退してくれるのが、ぽかぽかあったまるしょうがココア!上半身、下半身を効率よくあたためてくれる、抜群の組み合わせなのです!
一般に、秋冬は寒さで基礎代謝が落ち、太りやすくなるといわれています。ダイエットをしても、なかなかやせないという経験をお持ちのかたもいることでしょう。
そうした皆さんにおすすめしたいのが、体をあたためてやせやすい体にしてくれるしょうがココア。いまの季節にぴったりの飲み物です。

ココアもしょうがと同様、温の性質を持ちます。したがって、ココアにしょうがを加えれば、温性の働きがさらに高まり、冷えとり効果が強化されます。しょうがとココアは、とても相性のよい食材なのです。 ココアの成分としては、食物繊維が豊富なので、便秘の改善に効果的です。便秘がつづくと体に老廃物がたまり、さまざまな不調を招くようになります。しょうがとココアはどちらも、私たちの体を内側からきれいにして、健康にしてくれる優秀な食べ物なのです。

また、コーヒーなどとくらべると効力は弱いですが、ココアには、カフェインも含まれています。そのため、体を覚醒させ、活性化させる作用があるので、朝ココアを飲めば体のエンジンがかかり、1日を元気に過ごすことができるというわけです。

しょうがココアの作り方は、ホットココアにおろししょうがを繊維ごと加えるだけ!しょうがは、親指の先くらいの大きさを皮ごとすりおろします。しょうがの皮には、水分の代謝を促してむくみや水太りを防ぐ働きがあります。

店長 かめい

c0222540_13472150.jpg

[PR]

by earth-g | 2015-12-09 13:47 | Comments(0)

冬太り

冬太りになる季節がもうすぐ来ますが、毎年、年末年始にかけて太ってしまうという方
もきっと多いのではないでしょうか?冬は楽しいイベントが多いので高カロリーな食事を食べる機会やお酒を飲む機会も増えます。忘年会や新年会、クリスマスにお正月など冬には脂肪を蓄積させるイベントがたくさんあります。冬太りの原因は食べたカロリーが消費カロリーを上回ることによって起きますが、その他にも運動不足になりがちになってしまうので、冬太りを加速させてしまいます。
冬、寒くなると運動をする機会も激減する場合も多くなります。これも冬太りの原因の一つなのです。分かっているけど、なかなかできないのが現状ではないでしょうか。><
雪が降ってしまうと、外に出て有酸素運動などを行えませんよね。消費カロリーをアップさせるにはウォーキングやランニングなどがおすすめなのですが、冬はできない事が多いです。

冬太りの暴飲暴食や運動量の減少だけではありません。休暇が多いというころも関係があります。会社で仕事をしていれば、常に緊張感もあり、ゆっくりする時間もないわけですから、消費カロリーは多いわけです。
しかし休みになると、家でゴロゴロしてしまったり、寝る時間が多くなったり、ついつい間食してしまったりします。。

冬太りを防止するなら予防が大事

冬太りになってしまうと、辛いダイエットを始めなければいけませんので、太る前に防止するということがもっとも楽な方法と言えます。冬太りにならないための予防法をいくつかご紹介しておきます。

食べる量を減らす

外食をしても食べる量が少なければ太ることはありません。ただ目の前にごちそうが並んでいると食べたくなるのが人間です。これをグッと我慢できるようになると、冬太りとはおさらばできるでしょう。ただアルコールを摂取してしまうと、判断能力も低下してしまうので、抑えが効かないことがありますので、お酒をたくさん飲むことも危険なことです。

食べ順を考える

外食でもあるポイントを抑えておけば、冬太りにならないのです。
血糖値を急激に上げないように食べるようにすれば、外食でも太ることはありません。

簡単に食べ順をご紹介すると…

1.スープ系を飲む
2.野菜系を食べる
3.肉、魚系を食べる
4.炭水化物系を食べる


これだけで冬太りを予防することができます。ただ、糖質のあるお酒と一緒に摂取してしまうと太る原因にはなります。ビールやワイン、日本酒なども糖質なので、焼酎やウィスキーなどの蒸留酒にすると冬太りの防止効果が高くなります。

連チャンをしないようにする

年末年始はイベントがたくさんあり、特に忘年会などになってくると、友人、知人、会社
など何度も行く機会があるものです。この連チャンが実に危険です。冬太りの原因となってしまう可能性が高いのです。日にちを明けて一度リセットしておくことが大切です。

イベントがない時はできるだけ摂生する

外食をしない日には日ごろの摂取カロリーのことを考えて控えめにしておきましょう。
食べ過ぎてしまう脳に制限をかける意味もあります。食欲は一度解放してしまうと、抑えるのが大変です。

冬太りになってしまった時の解消法は?
注意していても、お酒の力も加わってしまい、食べ過ぎたりしてしまうこともあるでしょう。

脳が太っている

今まで自分の食べたい分だけ食べ、飲みたい分だけ飲んでいた方は、脳が太っている可能性があります。といっても、脳に脂肪がつくということではなくて、脳から「食べたい」という指令が頻繁にやってきます。脳が食べた時の幸福感を覚えているので、食べたい脳になっています。これを治さないと食欲を抑えることが難しくなります。。

プチ断食

もし休みがあるなら、プチ断食をしてみても良いかもしれません。
内臓もお疲れ気味なので、仕事始めの前には一度
リセットしてあげるとよいでしょう。体に溜まった毒素をスッキリ出してあげることも大事になってきます。
重く感じた体がプチ断食をすると、軽く感じるはずです。

ちなみに正月明けの1月7日の朝には、七草がゆを食べるという伝統があります。これは正月中に食べて飲んだ
で弱った胃を休める為とも言われています。


イベントも楽しみながら体に無理なく過ごしたいものです^^
c0222540_19163778.png


スタッフ 太田
[PR]

by earth-g | 2015-12-05 16:40 | Comments(0)

みかん

寒くなってきましたね!!
身体がこわっばてきます!
こたつで、みかん食べたいです!

以前、ジョブチューンという番組を観ていた時、肩こりのスペシャリスト整形外科医の中川照彦先生が肩こりに効果がある食べ物は「みかん」と言ってました!
みかんは簡単、美味しい!急いで買いに行かないと!

みかんにはクエン酸が多く含まれ肩こりの原因となる乳酸を分解してくれるそうです。

クエン酸とは何でしょう?
レモン、みかん、グレープフルーツなど、柑橘類や梅干しなどの酸っぱい成分。
疲労物質である“乳酸”これを炭酸ガスに分解して尿として排出する作用がクエン酸にあります。
血液をサラサラにして血流を改善する効果があります。

なるほど!!凝りのかたまりを摂ってくれる効果があるんですね!

アロマオイルにも”オレンジオイル”があります。
みかんと効果が似てます。
・血流促進
・体内毒素の排出
・風邪予防

みかんが凝りに効果があるってことよく解りました!
冷え性対策にも風邪の予防にも効果があるみかんを食べて元気な身体を作りましょう!!
この冬はみかんに決まりですね♪

アロマトリートメントを受けられる方、肩こりには”オレンジ"がオススメですよ!(^^)!

スタッフ 岡本

c0222540_16463114.jpg

[PR]

by earth-g | 2015-12-03 12:07 | Comments(0)

12月突入

今日から12月、今年もあと一か月。毎年早いな早いなと同じことを同じ季節に言っています笑

皆さまお待ちかねのDETOXホットリンパが始まります。

オールハンドによる力強いマッサージでコリ固まった筋肉やセルライトをしっかり揉み解し、リンパの流れに沿って流していきます。すっきり感がわかるデトックス効果抜群のメニューです。
年末年始の食べ過ぎや飲みすぎもスッキリ解消しちゃいますしょう!(^^)!

c0222540_1243634.jpg



先月はアンケートのご協力ありがとうございました。
たくさんのご意見を真摯に受け止め、これからもスタッフ皆でより良いお店作りをしていきます。
先日みんなで勉強会をしました。

c0222540_15361674.jpg

年輪を刻むように、年数を重ねるごとに、太く安定したお店であれるよう頑張ります!

喜多野
[PR]

by earth-g | 2015-12-01 15:36 | セルフケア | Comments(0)