<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

雪かきでお疲れの身体に...

ここ最近は天気の良い日が続きましたが、久々の雪になりましたね。

本当に今年の冬の大雪はひどかったですね...私は人生で一番雪かきをした冬になりました!!!
もう雪が多く積もらないことを祈っています!!

今日は雪かきでお疲れの肩と腰をストレッチする簡単な方法をご紹介します♪


c0222540_18230891.gif
c0222540_18234858.gif


痛みを感じる方は無理をせず、出来る範囲で行なってください。
椅子に座って出来るストレッチは手軽で、テレビを見ながらも出来るので良いですね!

これをやっても、だるさが取れないという方、疲れを何とかしてほしいという方は是非ご来店をお待ちしております!!

スタッフ 鈴木


9200855
石川県武蔵町15-1
めいてつエムザ3F
TEL:0762321007
http://earth-g.com/

最新情報はこちら
http://egnews.exblog.jp/
店内の様子や情報はこちらフェイスブック
https://www.facebook.com/earthgardenaroma/

[PR]

by earth-g | 2018-02-18 18:26 | Comments(0)

色彩心理学が眠りまで改善!身体と心にもたらす影響とは?


寝付けない日が続くと感じたら、それは日頃のストレスや心の疲れが出ているサイン。
蓄積されていくストレスを簡単に確認できたらいいですが、日々に追われつい見過ごしがちになってしまうのが現状ですよね。
しかも、「寝たいのに寝付けない」ことがさらなるストレスを生む悪循環に陥ってしまうことも…
そんなストレスや心の疲れとリンクするのが、身の回りに散らばる「色」。
「あの色を見ると、元気が出る」「疲れているとき、ついこんな色を手に取ってしまう」など、目から入る色彩は実は気づかないうちに私たちの心と密につながっています。

目に入る色彩が心を紐解くヒントになる!

「生きることと色彩の多様性の間には深い関係がある」
黄色がよく目に入るときは何か新しい変化を求めているとき、といったように、心の状態によって無意識に注目する色も変わっていくのだそう。
「色は心の表れ。朝、服の色を選んだり、街を歩いていて目につく色があったりしたとき、既に色彩と対話していて、そこから自分を知ることができるんです」
自分がどんな色を好んで身につけたくなるのか、日常でどんな色が目に入ってくるのか、意識的に自身を観察することが、心の状態を紐解くヒントになります。
朝起きたときに「あの服を着よう」と目に入ってくる服の色に、日々注目するのもよいでしょう。
一般的には、色の持つ意味は以下のように解釈されます。

●黒…成熟、自己主張、こだわり、不安、防衛
白…誠実、純粋、空虚、不確かさ、高尚
灰…知的、洗練、迷いと不安、頼りなさ、没個性
赤…前向き、情熱、激しさ、欲望、存在感
青…理性、落ち着き、寂しさ、孤独、あきらめ
緑…安らぎ、リラックス、癒し、心身の疲れ
黄…無邪気さ、明るさ、甘え、自由な心、変化性
紫…高い理想、個性的、不安、体調不良、精神性
茶…安心感、落ち着き、収穫、保守、物質

ここで注意したいのが、色の解釈は人によって異なる、という点です

心が落ちつかず悩みを抱えているときのストレスケアのヒントが、好きな色、あるいは嫌いな色に眠っているかもしれません。「寝付けない」ことばかりにとらわれず、一歩ひいて自分の心、ストレス状態を把握してみるようにすると、対処法のヒントが見つかるかもしれません。
日ごろから目に入る色彩を心に留め、自身に必要な色を探すことで「寝付けない」原因であるストレスや心の疲れも緩和されるはず。

身のまわりにある色彩を感じながら、ストレスケアの手がかりを探してみてください

c0222540_18443478.png

スタッフ 熊谷
9200855
石川県金沢市武蔵町15-1
めいてつエムザ3F
TEL:0762321007
http://earth-g.com/
アースガーデン 金沢
最新情報はこちら
http://egnews.exblog.jp/
店内の様子や情報はこちらフェイスブック
https://www.facebook.com/earthgardenaroma/
Line@友達追加
<a href="https://line.me/R/ti/p/%40yrl0309c"><img height="36" alt="友だち追加" src="https://scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png" border="0"></a>



[PR]

by earth-g | 2018-02-10 17:51 | Comments(0)